愛知県の津島神社に、希少な牛頭天王がいると知り
今月の1日に、さっそく行って
スピリチュアルな楽しいことがありました。

こちらが正門で鳥居の奥に楼門が見え
手前に駐車場もあります。

ナビでそちらへ向かい
鳥居が見えたので曲がると、こちらの南門に着きました。

南門から鳥居を振り返った感じです。

識子さんが言うには
この駐車場はすでに神域に入っているようです。
牛頭天王が識子さんに
天気をあれよこれよと変えて見せてくれた歓迎サインの所。

南門の手前左に手水舎があって
コロナの影響で使えない場所も増えてますが
ここでは手を清められました。

さぁ、参拝しようと南門へ向かい
手前の階段あたりで、門の右柱寄りコンクリートにヘビが見え
動かずジッとしているのに気づきました。

先に歩いている夫がまだ気づいてなかったので

”ヘビが目の前にいる!”

といった瞬間に
やっと気づいてくれたか、と言わんばかりに
右端へ、ニョロニョロと動き出しました。

それも動きが速くてビックリ!!
まって、写真を撮らせてというと少しの間止まってくれて
動画にも収めましたv(*^-^*)v

植物、動物や虫達は本当に人間の言葉がわかっているのではと
私と夫も思っている方で、良く話しかけます。

それから脇の茂みに入り、木に登って行き、お礼を言いました。
体長1メートル以上はあったと思います。

スピリチュアルなことに
上から2番目の南門を撮った写真には蛇は写っていません。

ヘビの写真や動画を撮った時間を見たら
2分後には、門の中でお出迎えをして待ってくれていた
ということになり、どのように現れたのだろうと
夫と話に花が咲きました(笑)

突然現れた感がすごくて、本当にビックリと同時に
牛頭天王が歓迎してくださっているのだとわかり感激しました!

ものすごい力をお持ちですから
このようなことは朝飯前ですよね。

神社仏閣の参道や境内でヘビに遭遇したことあります!

という方で、よくない事なのでは?
と、不安に思ったことがある、という方がいましたら・・

これは、神仏の歓迎サインなので安心されてください。
というか大喜びされて良いようですよ!

なんでそんなことわかるん!
と、疑問に思われた方。

神仏が視える、お話ができる
識子さんのこちらのブログ記事で教えてくれています。
読まれてみてくださいね。
神社やお寺で遭遇するヘビ

歓迎のヘビに心癒され先へ進むと
ずっしり重い、威厳ある安心感、頼りがいある感じの氣が

”好き”

識子さんの本を読まれた方で
牛頭天王ファンが増えたそうですが
私も、そのうちの1人ですね~

個性的な魅力に惹かれています。

門をくぐり左を向いた、何気ない境内の風景ですが
夫が撮った、このライブ写真では
上から下へ空間が微細にベコベコしていました。

過去記事では、空間が歪んだライブ写真を公開してますが
最近はしつこいかなと思うので省略しています。

識子さんを知って
私のように、楽しく神社仏閣巡りをされている方や
神仏修行を始めている方に
このような変化が出てきています、という
経過報告のつもりで書いているのも1つです。

また、識子さんをまだ知らない方にも
識子さんのポイントを押さえた参拝をしている私達の
成長ぶりを見ていただくことで

視えない世界の存在を思い出すきっかけに
自分の本当にやりたいことや、使命を思い出すきっかけに
繋がったら素敵だなーと思いながら書いています。

いつか、あちらの世界に帰るとき
持って行けるものは

”経験”

のみです。

資産、地位、名誉などではないのですよね。

喜怒哀楽、沢山の経験をしに
チャレンジャー精神旺盛な魂が地球で命をもらい
生かさせてもらって沢山の経験をし
霊格向上を目指しているのだそうです。

与えて頂けた命に感謝し
限られた時間を大切に活用させて頂いています。

話は戻しまして
夕焼けに見えなくもないですが、朝焼けです。

早朝5:40分くらいですが、早朝なのに
パラパラと人が途切れない感じで参拝に来るので
みなさん凄いなと思いました。

牛頭天王のご利益は
人からの悪念をはじくだそうですが
それ以外の願掛けをして、叶えてもらった人というのは

”えっ!?”

と思う願掛け方法で
牛頭天王と会話ができる識子さんでも
頑張って願掛けしていました。

普通なお願いの仕方は難しいようです。

私と夫も頑張ってみましたが・・
識子さんのように、反応はまだ視えないので(^^;

ここでも赤ワインを奉納してみました。

祈祷をすると
灯篭の奥の渡り廊下に妖怪のような眷属が並ぶ
と言っていたのを想像しながら見るとニヤニヤしてしまいます。

参拝して、本殿をグルッと周ってみようと左側へ行き
本殿を斜めから、横から見て

奥へ進んだこの写真。

夫の横顔に違和感あるのわかりますか?

おでこ付近の肌色の肌が、縦に長いのです。
ライブ写真でズーム確認したら、周りは歪んでいないのに
夫のおでこに肉の塊が付いているように見えて^^;

何度見ても不自然なのです。

魔を祓うのに強い神様ですし
悪い物は神域に入れないので不安はありませんが
牛頭天王が面白がって
驚くように、撮らせてくれたのだなと解っていても!!

ちょっと怖かったです。

翌日、冷静に、客観的にもう一度みたら
夫の顔半分が、さらに上から少しずれて乗っかっている
ような奇妙な不思議な写真でした。

その違いをここでお見せすることは可能なので
本当は掲載したいのですが
そうすると、夫の顔が見えてしまい
では、一部分を隠せばとも思いましたが
隠すと、違いがわからない、ということで。

ズームの掲載は諦めました、ご理解ください(>o<)

そのまま奥に進み、本殿の裏側からみた本殿上空です。

本殿裏にある境内社です。
牛頭天王がいる神社の摂社末社は、すべて牛頭天王の眷属だそう。

妖怪っぽいイメージなどを本で詳しく教えてくれていますが
牛頭天王も視てみたいですね~
ちなみに巷で書かれている牛頭天王のイメージとは全然違うそうです。

津島神社の牛頭天王と識子さんが会話した
面白いお話は、こちらの最新刊に載っています。


開運に結びつく神様のおふだ/Amazon
開運に結びつく神様のおふだ/楽天

禍つ神(まがつかみ)がいた神社や、その神様とのお話

視えない世界より新型コロナウイルスで知っていること
コロナから神様に守って頂く方法や
お札とお守りの違い
神社によるお札のご利益の違い
神棚に入れるお札と、入れないお札の違い

新たな神社仏閣の紹介を含め
とても濃厚な一冊で、お札についての疑問もスッキリです。

お札の取り扱い方は複雑なので
丁度、母親にも聞かれていたタイミングだったので
一言では到底説明できない内容ということで
母にもプレゼントしました。

最後までお読みくださり
いつもありがとう存じます。

これから津島神社へ行かれる方へ
牛頭天王に願掛けを予定の方は、叶えてもらえるよう
コツを予習して挑まれることをオススメします。

沢山の方が、ご加護を頂けますように!

津島神社

愛知県津島市神明町1